浮気調査を失敗したらどんな危険があるのか

探偵事務所に寄せられる相談の中でも件数が多いのが浮気調査です。

この浮気調査、探偵であれば簡単なもので、失敗することなんかないと思っている方が多いようですが、そんな簡単な調査ではありません。

実際、浮気調査に失敗した探偵というのも少なくありません。

そこで、浮気調査に失敗してしまう原因や、失敗した場合のリスク、そして失敗しないためのコツなどを解説していこうと思います。

浮気調査を失敗とは?



浮気調査に失敗するということはどういいうケースが考えられるのでしょうか?

実はこれ、一択なんです。
つまるところ「調査対象者にバレてしまうこと」。この一点に尽きます。

反対に言えば、調査対象者にバレることがなければ浮気調査に失敗はないということにもなります。

屁理屈のように聞こえるかもしれませんが、ここは重要なので覚えておいてください。
では、なぜ調査対象者に浮気調査がバレてしまうのでしょう?

この「なぜ」に関してはいろいろな原因が考えられます。

もちろんご自身で調査した場合の原因もありますし、探偵が浮気調査に失敗してしまう原因もあります。

そんな細かい原因についてみていきましょう。

自分で行う浮気調査が失敗してしまう原因


パートナーの浮気を疑った場合、多くの人が自分でパートナーの浮気を探ろうとします。

浮気を疑った時点では、探偵に調査を依頼すると決める人は少ないと思います。

この段階で失敗する、つまりパートナーに浮気を疑っていることがバレてしまう原因はいくつか考えられます。

まずは、普段の連絡内容を盗み見ようと携帯やスマホをチェックしているのがバレてしまうこと。

パートナーの入浴中などに、パートナーのスマホをイジッていることがバレたり、
寝ている間に見ているのがバレたり。

一刻も早く証拠を押さえたい気持ちは分かりますが、こういった軽率な行動は、
パートナーに疑念を抱かせ、証拠隠滅をされてしまう可能性が高くなります。

スマホなどから情報を集める場合は、決してパートナーには気づかれないように、
細心の注意を払うようにしましょう。

また、スマホなどに関して言えば、
スマホを確認したくてパートナーからパスコードを聞き出そうとするのもNGです。

浮気をしている人は基本的にバレないように警戒しているので、普段と違う言動には敏感です。

そう考えると、普段使っている車の中を探る行為や、パートナーの財布を探るのも危険度が高いといえます。

どうしても探る場合は、絶対に見つからないタイミングで、必ず元の状態に戻すように心がけましょう。

探偵でも絶対ではない


自分で浮気調査をすると失敗するかもしれないから探偵に浮気調査を依頼する。

この考え方に間違いはありません。
とはいえ、探偵でも100%成功するとは限らないのが浮気調査です。

もちろん浮気調査に限らず、探偵の仕事すべてにおいて、「100%成功する」調査などはありません。

そんな探偵をもってしても失敗してしまう原因を調べてみました。

一つ目は単純に探偵個人の能力が低いことが挙げられます。
探偵とひとくくりにしても、個々の能力はピンからキリまでです。

まだ経験の浅い探偵などが尾行調査を行い、失敗してしまうことは十分考えられます。

ただし、これは探偵が浮気調査で失敗してしまうケースの中では1割にも満たない話です。
探偵が浮気調査に失敗する最大の原因は、依頼者にあるケースがほとんどです。

どういうことかというと、例えば、探偵に浮気調査を依頼してから言動に変化が出てしまい、調査対象者に不審がられてしまうケースが多いようです。

言動に気を遣っても、例えば探偵社との契約書を見られてしまったり、探偵社の名刺を見つけられてしまったりなど、依頼者のうっかりミスで調査対象者に警戒心を持たせてしまい、浮気調査が失敗に終わるケースは珍しくないとか。

ひどい話になると、探偵に浮気調査を依頼している期間にパートナーと口論になり、
探偵に浮気調査を依頼していることをバラしてしまう人もいるようです。

探偵に浮気調査を依頼した場合は、浮気調査は探偵を信頼して任せて、依頼者はいつも通り過ごす努力をしましょう。

浮気調査に失敗した場合のリスク



では、ここで浮気調査に失敗した場合のリスクについて考えておきましょう。

浮気調査が失敗するということは、浮気調査を行っていることがパートナーにバレるということですから、後の関係性に大きな影響をもたらします。

浮気の確実な証拠を得る前にバレてしまえば、当然さらに厳重に浮気を隠すことになり、再度証拠を掴むのが困難になります。

さらに相手からの信頼は地に落ちますので、パートナーとの関係性は悪化。

最悪のケースですと、「自分は浮気をしていないのに疑われて信頼関係が崩れた」という理由で相手から離婚を突き付けられる可能性も考えられます。

こうなると慰謝料を貰うどころか、何も得るものもないまま離婚ということにもなりかねません。

また、探偵事務所に依頼していた浮気調査が失敗に終わった場合は金銭的なダメージも少なくありません。

多くの探偵事務所は、浮気調査などが失敗した場合、契約金や実費の返金には対応していないのが現実です。

つまり、浮気調査の料金が払い損になってしまうということになります。
ここで最初に少し触れたことを思い出してみましょう。

探偵の浮気調査の定義は、「調査対象者に浮気調査をしていることがバレなければ失敗ではない」ということです。

探偵事務所に浮気調査を頼んだ依頼者の立場からすれば、「浮気の証拠を入手できれば成功、できなければ失敗」と考えがちで、ここに大きな認識のずれが生まれることが多々あります。

確かに探偵に浮気調査を依頼した依頼者の気持ちはよくわかります。

自身としては「絶対に浮気をしている」と思い込んでいるからこそ、高い料金を払ってまで探偵に依頼をするわけですから、当然その証拠を入手できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

しかし、仮にその浮気疑惑が外れていた場合どうなるでしょう?

浮気をしていると思い込んでいたパートナーが、実は浮気をしていなかった場合、
探偵はどれだけ頑張っても浮気の証拠は入手できません。

これは探偵の浮気調査が失敗したからというわけではなく、単に依頼者の勘違いです
そんなケースでも「浮気調査失敗」となってしまったら、探偵は仕事になりません。

探偵としては、「調査対象者にバレることなく、期間中の行動を綿密に調査する」ことが仕事であって、その期間浮気行為をしていなければ、「浮気はしていませんでした」としか報告できません。

これで浮気調査は成功ということになります。

探偵に浮気調査を依頼する場合の最大のポイントはここ。
必ず契約前に、何が成功で何が失敗かをハッキリと定義づけしなければいけないということになります。

浮気調査に失敗しないためには?


浮気調査はアナタが考えているほど簡単なものではありません。
十分に注意を払わないと失敗する可能性が高く、失敗したときのリスクも大きいのが浮気調査です。

では、どうすれば失敗を防げるか?
これは単純に「相手に見つからないこと、悟られないこと」に尽きます。

また、浮気の確固たる証拠となるのは、パートナーが浮気相手と不貞行為を行ったと推測できる決定的証拠のみです。

具体的に言えばホテルに入る瞬間、出る瞬間の写真や映像ということになります。

多くの不貞行為の瞬間は夜間に訪れますので、夜暗い中で、相手にバレないように距離を取りながら、確実にパートナーの顔が判別できるレベルの写真を撮ろうと思えば、これは素人の出る幕ではありません。

探偵に浮気調査を依頼するのが一番失敗しないコツということになります。
アナタにできることは、絶対にパートナーにバレないように、浮気の状況証拠を収集すること。

メールの内容やホテルの領収書、不審な動きをしている曜日の確認や、浮気相手と思われる人物の特定。これらの情報をできるだけ多く集め、この情報を持って探偵事務所に調査依頼するのがベストです。

探偵にお願いした後は、とにかくいつも通りの日々を過ごすことを心がけましょう。

あなたが集めた情報が多ければ多いほど、探偵の調査は短期間で終了します。
短期間で終了するということは、それだけ費用も抑えることができるということになります。

まずは、絶対に気づかれないように、少しずつ情報を集めていきましょう。
そして同時進行で信頼できる探偵事務所を探しましょう。ことは焦らず慎重に。

これが浮気調査で失敗しない最大のコツといえるでしょう。
TOP