裁判でも利用できる浮気の証拠とは?

浮気の兆候を見抜く

浮気の気配を感じた時、真っ先に確認されるのが「ケータイ」や「スマホ」。浮気相手との怪しいやり取りをみつけて、それを証拠に浮気を問い詰める人は少なくありません。 しかし、この「ケータイ」や「スマホ」の怪しいやり取り、裁判でも利用できる浮気の証拠になるのでしょうか?

「ケータイ」や「スマホ」に残っている愛のささやきやデートの約束などのやり取りは、実のところ浮気を後悔させるだけの決定的な証拠にはなりません。 逆に、勝手に「ケータイ」や「スマホ」の中身を見られたことで、プライバシーの侵害や不正アクセス禁止法違反などと反撃に出られることも考えられます。

では、浮気を後悔させられる決定的な浮気の証拠とはどのようなものなのでしょう?

大切なのは“証拠”集め

あなたは、大切なパートナーが「浮気している」と判断するのは、どの段階でしょうか。
一緒に食事しているところを目撃した? 問い詰めてみたら白状した?

しかし残念ながら、プロである探偵・弁護士から見れば、
それらは浮気=不貞行為の決定的証拠とは言えません。

食事しただけでは証拠として弱いですし、
自白も後から「そんなことは言ってない」と否定されればそれまでです。

もし、あなたの希望が「浮気しているかどうかだけ知りたい」であれば、
それだけで構いません。ですが、浮気の証拠を集めて、離婚や慰謝料の請求まで
予定しているなら、下記のようなレベルで初めて「証拠」としての価値を持つことになります。

  • ラブホテルに2人で出入りする場面の写真、映像
  • 家に出入りする場面の写真、映像
  • 室内、車内などで性行為している最中の写真、映像

  • 浮気だと判断できるメール、SNSのやりとり
  • 浮気だと判断できる日記、ラブレター
  • 2人で写っている(性行為以外の)写真、映像
  • 2人で宿泊したホテルのレシート、クレジット支払い記録
  • 浮気相手からのプレゼント
離婚調停や裁判で、もっとも強力な直接的証拠は、ずばり「性行為している物的証拠」です。

あなたが撮影したもの、探偵が報告書にまとめたもの、
または浮気している当人がパソコンやスマホに保存していたもの(いわゆる「ハメ撮り」)などが、これに該当します。いずれにしても、当事者2人の顔が特定できるよう、
鮮明に写っていることが必要です。 それらを入手できなかったとしても、

メールやSNSの会話内容、レシートやクレジットカードの支払い記録は、間接的な浮気の証拠になります。見つけたら必ずコピーを取っておき、なくさないよう保存しておきましょう。

ちなみに浮気の証拠は、1度だけの記録より、2度、3度と複数回にわたって集めることで、
さらに強くなります。これは、相手が「1回だけのあやまちだったんだよ!」と、
罪を軽くするためのウソをついた時に否定することができるからです。

浮気の証拠はできるだけ多く揃えておく

もしパートナーが浮気をしていたとして、その後、あなたは最終的にどうしたいでしょうか? 本格的に調査をする前に、それをはっきりしておくことは重要です。
  • 浮気を見なかったことにして、戻ってきてくれるのを待つ
  • 別れたくない。反省させて、二度と浮気をさせない
  • 浮気は許せないから別れる
  • 別れた上に、きちんと慰謝料請求をする
上の選択肢のうち「見なかったことにする」のは、おそらく誰にも無理でしょう。

また、別れず、二人の関係を再構築するのもひとつの選択です。
「別れる」にしても、ただ別れるだけか、
(結婚している場合は)不法行為に対する慰謝料を請求するかによっても変わってきます。

探偵としての経験からいえば、どの道を選ぶにしても、
浮気の決定的な証拠を取っておくことをおすすめします。
中途半端な証拠しかないと、せいぜい問い詰めて自白させ、
もう絶対に浮気しないよう誓わせるくらいが限度です。

しかし人間の心とは弱いもので、ほとぼりが冷めたら浮気を再開してしまうケースは
決して少なくありません。 二度目の浮気になると相手も警戒しますから、
なかなかシッポをつかませてくれません。だからこそ、どんな状況にも対応できるよう、
しっかり最初の段階で証拠を揃えておくほうが有利なのです。