離婚率の高い職業は?離婚する人が多い職業の特徴

離婚する人が多い職業の特徴
離婚する人が多い職業の特徴

結婚しているみなさん、今夫婦円満ですか?

最近、日本でも離婚率が上がるいっぽうですが、実際に離婚の多い職業というのは
あるのでしょうか? ここでは離婚率の高い職業や、その特徴についてまとめてみましたので、
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

離婚率の高い男性の職業とは

アメリカや日本の芸能人を見ていると、実際に離婚する人が多いようです。

芸能界は魅力的な男女がいる世界ですので、浮気や不倫しやすく
結果的に離婚する人が多いのもうなずけます。

こういった職業の人たちと結婚したら、ある程度浮気を覚悟しなくてはいけないのかも
しれません。
芸能関係の仕事の中で特に離婚率が高い職業は振付師やダンサーなどだと言われています。

一般的にスタイルのいいお洒落な方と接触する機会が多いため浮気に発展してしまい、
離婚に至るのかもしれません。

この職業が上位に入るのは意外かもしれませんが、添乗員などの観光業も離婚率が
高い職業だと言われています。

その理由は時間が不規則なのと、年間を通じて家を空けている時間が長いからでしょう。
さらに、この仕事をしていると1日中旅行客のわがままに付き合う必要があるため、ストレスがかかってしまうことが挙げられます。

そんなストレスを家庭に持ち込んでしまうため、
離婚の原因になってしまうことが考えられます。

これも上と同じような理由かもしれませんが、時間が不規則なことや休日出勤があったり、
残業が多いため安定的に家庭を維持するのが難しいからだと考えられます。

さらに、仕事上のストレスもかなりのものでしょうし、収入が少ないというのも
理由になるかもしれません。

やはり、結婚生活を送る上で金銭的な問題は重要です。

一生懸命働いていたとしても、夫の収入が最低賃金に近いような
金額だと家庭生活を維持する上で夫婦関係がギスギスしたりするはずです。

低所得なことに加え、低学歴で特に手に職のないような夫だとさらに
離婚する確率が上がるでしょう。

離婚率の高い女性の職業とは

これは男女ともに共通でしょうが、女性の場合も低賃金の職業は
離婚率が高い傾向にあるようです。

海外では常識のようですが、日本でも貧富の差が大きくなっているようです。

ただ、低賃金であってもその仕事で働かざるを得ない人も多いでしょう。
ですが、実際に結婚するとなれば、生活費や教育費などのお金のことで
夫婦げんかになることは多いですよね?

特にギャンブルをしているわけでなくても、お金のことで
日頃からもめるのはストレスになるものです。

最近、何か悩みごとがあると心理カウンセラーに相談する人が増えています。

ですが、相談されたカウンセラーの側としてはストレスがたまり、
自分のプライベートにまで悪影響が及ぶことも多いです。


また、看護師も仕事がきついため離婚率が高いと言われています。
生活も不規則で残業や夜勤があるのは当たり前です。

それだけ仕事に一生懸命ということでしょうが、実際にはプライベートに
支障が出てしまうようですね。


確率的に言うと、スポーツ選手や芸能人と結婚する割合は低いでしょうが、
離婚率の高い職業というのが一般的なイメージです。

人と出会うチャンスが多く、魅力的な人が多い職業です。
スポーツ選手や芸能人は遊び慣れていて派手な人が多いしょう。

そのため、お互いの価値観が合わないこともあるはず・・。
こちらが一般的な職業であれば、相手を理解するのは相当難しいと言っていいでしょう。

これは当然と思われるかもしれませんが、
日ごろから異性と接する職業ですしお酒を飲むことが多いです。

それに、夜仕事をすることがほとんどですし、男性と一緒にいても
不自然ではないため浮気しやすい環境にあります。

それが離婚の原因になってしまうことが多いです。

職業によって離婚率が上がる理由とは

では、どうしてこのように離婚の多い職業があるのでしょうか?

その理由を分析してみると、離婚の多い職業とされている振付師やダンサー、看護師などという職業は他の職業より人と接する機会が多いです。 また、そういった職業は異性とのスキンシップも多いため、恋愛感情が生まれやすく浮気しやすい職業なので離婚に発展してしまうのかもしれません。

まとめ

離婚の多い職業について、その特徴などをまとめてみました。

ここに挙げたのはほんの一例ですし、これらの職業についている方でも
夫婦円満に過ごしている方もいらっしゃいます。

ただ、離婚しやすい職業があるということだけでも知っておいていただきたいです。
結局、結婚生活を築くのは夫婦なので職業がそれに及ぼす影響が大きいとは言え、
日ごろから相手を思いやる気持ちを持ち続けておくことこそが結婚生活を円満に
長続きさせる秘訣です。

今日から、夫や妻にもっと思いやりを持って接してみてはいかがでしょうか?
TOP