浮気する人が少ない職業とは?浮気が難しい職場環境

浮気が難しい職場環境

浮気の少ない職業はあるのか? 自分の恋人やパートナーの職業は大丈夫なのか?
できれば浮気の心配の少ない人とお付き合いしたい・・・などなど。

読むと納得な浮気の少ない職業とその理由についてまとめてご紹介してみましょう。

浮気の少ない男性の職業

宗教の中での教えとして、姦淫は罪であり地獄に落ちるなどの教えがある為に浮気心そのものを煩悩や悪とみなしていて、自分を戒めるという心が人よりも強く働くので浮気をしない職業と言えます

浮気心があったり酒に溺れる僧侶を生臭坊主というなど、一般人や檀家さんは避けたがることもあり、浮気をしない事が僧侶や聖職者の資質の一つと言っても過言ではないため、浮気をしない職業と言えるでしょう。

最近は女性の聖職者の方も増えていますが、それでも男性の割合が多いので、男性で浮気の少ない職業といえます。

伝統工芸士の職には様々なものがありますが、基本的に一人で黙々とできる仕事が多かったりします。

あまり多くを話さない無骨な人でも職人の世界では仕事ができれば何ら問題ない事と、黙々と仕事ができるという事は無駄なおしゃべりをする必要もありません。

仕事において他者と積極的に関わり関係を潤滑にする必要がなく軽口やおべんちゃらで他人の気を引く要素があまり必要がないので、女性に慣れないまま年月を重ねているという事が浮気の少ない職業として挙げられます

理系の研究者は研究室にこもりっきりになる事が多く、職場でも異性が少なく、また出会う事も少ないので研究に没頭するあまりに恋愛経験の少ない人も多い為に浮気しにくい職業だという事が言えます。

開発や研究といったデータとずっと向き合う仕事ですと、必要以上に人付き合いをする必要のない職場も多く、仕事のできるできないが人と上手く付き合えるかどうかとは関わりがありません。

恋愛経験はもとより人付き合いが苦手でも仕事に支障がない為、過度に人と接する必要のない開発者や研究者は浮気しにくい職業であるという事が言えるのです。

開発や研究を行う職員には、男性の割合が高いことも、女性慣れしていない職員が多い理由のひとつと考えられます。

浮気の少ない女性の職業

弁護士は法律に携わる職業であり、離婚弁護などといった案件で訴える者と訴えられる者を目にする機会もあります。

法に携わる者として法を守るという事が弁護士としての資質の一つになる事と、不倫などで自分自身が訴えられて当事者になってしまう事は、弁護士の仕事をする上で信用を落としてしまいかねないなどのマイナス要素となってしまう可能性が大きい為に浮気しにくい職業です

不倫の裁判で訴えられた者が、どういう扱いを受けるのかと分かっている上で、弁護士の信用をかけて浮気をするという者はほとんど居ないのではないでしょうか

教職者として人に物を教える事を職業とした時に人に物を教える立場として手本となるべき人間が浮気をする事は世間一般的な倫理観に背く事だと多くの人が考える事と、教師として人を教える立場であるというプライドからも浮気の少ない職業だと言えます。

万が一そういった事がある場合、生徒や保護者などの間ですぐに噂は広まってしまいます

そうなれば教師の信用問題ともなり教師の資質が問われる事にもなりかねませんから、浮気の少ない職業だという事が言えます。

様々な案件の中で浮気をする当事者の姿やそれに苦しむ家族やパートナーなどの姿を見る機会もあり、浮気がどういった結果を生み出してしまうのかを熟知している立場でもあるという事と、それにともない慰謝料が必要となったりする事も熟知している職業という事がいえます。

社員としては男女とも居ますが、そういった職業柄多くの者が倫理観をしっかり持つ為に浮気しにくい職業だと言えます。

浮気する人が少ない職業の特徴とは

6つの職業を例にとって挙げてみましたがいかがだったでしょうか?

ここから、浮気する人が少ない職業には、いくつかの特徴があることがわかりました。

  • 人と接する機会が少ない職業
  • 独自性が高く個人の才覚が影響する職業
  • 浮気のデメリットをよく理解している職業
  • 浮気が発覚した場合にデメリットが大きい職業

これらの特徴を持つ職業が、浮気の少ない職業といえます。

しかし、浮気が少ないだけで、浮気がゼロというわけではありません。
どのような職業にも浮気をする可能性は少なからずあります。

その辺を理解して、自分の恋人や夫婦がどの職業に就いているのか、パートナーが浮気をしていないか確かめてください。

TOP