自力で行う浮気調査のテクニック

彼氏がスマホを手放さない 妻が同窓会などといって繁盛に出かけていく

探偵を信じて浮気調査の依頼をしたけど、報告書にウソを書かれた、尾行が下手でバレてしまった、契約外の追加料金を取られた……そんな失敗談をしばしば耳にします。
レベルの低い探偵社、または詐欺目的の悪質な探偵社を選んでしまった人には、共通点があります。 優良のように見えて、実は悪質かもしれない探偵社の特徴を以下に挙げます。

自分で浮気調査に“失敗した”Aさん

夫が浮気しているのでは?と心配になり始めた、結婚4年目のAさん。

出張や仕事の付き合いが不自然なくらい増えたり、スマホをロックするようになったのが、
疑念を抱くきっかけだった。 浮気してるなら証拠をつかんでやると決心したAさんは、
自分で調査することにした。

夫の仕事が遅くなりそうな日は会社の前で張り込み、絶対に逃がさないよう尾行。
常に電柱や建物の陰に隠れながら移動し、ドラマに出てくるプロ探偵も顔負けの尾行術だと思った。 繁華街で夫が若い女性と出くわし、笑顔で話しているのを見て、
Aさんは「あれが浮気相手に違いない!」と確信。
夫が去っていったらすぐ女性をつかまえ、しつこく問い詰めた。

女性は「取引先の関係で、たまたま見かけたから挨拶しただけ」と困惑しながら話していたが、
Aさんは初日から決定的な証拠をつかめたことに喜んだ。
そのわずか2日後、Aさんは夫から、「俺の周辺を嗅ぎまわっているだろ。迷惑だからやめてくれ」と言われた。 自分では完璧と思っていた尾行は、周囲から見ればバレバレで、
夫の同僚が「お前の後ろを変な女がつけ回してたぞ」と教えてくれたらしい。
また、問い詰めた若い女性からも、夫に苦情を伝えてきたという。

結局、浮気の証拠はまったく取れず、夫との仲をぎくしゃくさせるだけの結果となった。
その後も夫の怪しい行動は続いているが、もう二度と尾行させるような隙は見せてくれないだろう。スマホもロックするどころか、完全に隠すようになってしまった。

浮気をしているかどうかの真相は、永久に闇の中へ消えた--。

自分で浮気調査に“成功した” B さん

夫が浮気しているのでは?と心配になり始めた、結婚4年目のBさん。

出張や仕事の付き合いが不自然なくらい増えたり、スマホをロックするようになったりしたのが、疑念を抱くきっかけだった。 浮気してるなら証拠をつかんでやると決心したBさんは、
自分で調査することにした。 いきなり焦って問い詰めたり尾行するのは得策でないと
考えたBさんは、まず間接的な証拠収集から手を付けた。

夫がリビングに置き忘れたスマホから、LINEアプリでデートの約束をしている会話を探し、
その証拠をひそかに保存した。浮気相手と思われる女性のLINE登録名をヒントに、
Twitterアカウントも特定に成功。デート中に自撮りされた写真から、浮気相手の顔も判明した。

さらに、2人の会話に「お互いの家でも会いたいね」と書かれていたのを見たBさんは、
わざと友人と泊まりがけ旅行をすることにし、夫が自宅に女性を連れ込む隙を作った。
寝室には音声に反応する設定にしたICレコーダーと、電源タップ偽装型の隠しカメラを設置。
2泊3日の旅行が終わる頃には、浮気の証拠が取れていた。ただの一度も尾行などせず、
問い詰めたりすることなく、Bさんは強力な確証を得られたのだ。
すでに夫への愛情が冷めてしまったBさんは、やり直しの機会を与えず、
黙って弁護士のアドバイスを受けながら、離婚の準備を開始した。

夫はその間も仕事の付き合いと偽りながら、浮気相手と会い続けていた。
まもなく高い代償を支払わされるとも知らずに――。

自分で浮気調査するメリット、デメリット

浮気の証拠収集といえば、まずプロの探偵に依頼することが頭に浮かぶかもしれませんが、工夫次第では自分でやることも可能です。その場合のメリットとデメリットを簡単にまとめてみます。
【 メリット 】
  • プロの探偵に依頼するより安上がりな場合が多い
  • 好きなときに調査を始め、止めることができる
  • 夫婦、恋人間のいざこざを誰にも知られず処理できる
  • 途中まで自分で調べ、プロに依頼して調査を引き継ぐ選択肢も残されている
【 デメリット 】
  • 探偵に比べて、調査機材もノウハウも乏しい
  • 知識がないと「何が証拠になるか?」を判別できない
  • 当事者なので、冷静に調べていくためには感情のコントロールが必要
  • 顔見知りのため、尾行などの直接的な調査がバレやすい
  • 協力者がいないと、一人では調査範囲が限られる
  • 効率が悪いと、結局プロに依頼するより高くつく場合もある
ここに挙げたように、自分で浮気調査する最大のメリットは「コストの安さ」でしょう。
探偵に依頼した場合、安くても数万から数十万、あるいは百万円を超える費用が
発生することがあります。効率よくやれば、これを大幅に節約することができます。

しかし、デメリットもたくさんあります。
どんなにがんばってもプロの機材と技術にはかないませんし、いざ「自分の夫が別の女と会っている!」と意識してしまえば、頭に血が上って思わぬ失敗につながったりします。 大切なのは、
きちんと正しい知識を得ること、そしてできるだけ冷静に調査を進めることです。
そのノウハウを、当サイトから学んでいってください。