社長や経営者になると浮気が多い?!

浮気をしやすい職業に「会社の社長」が候補のひとつとして挙げられることがあります。

社長が浮気をしやすい職業だという理由については色々とありますが、まず一番に思いつく理由として「社長はお金を持っているから浮気にお金をかけられる」という物です。

浮気をするのにもお金が必要です。浮気相手とデートをしたり、プレゼントを贈るのにもお金は必要です。

また、浮気相手に使うお金の他に、彼女との関係や家庭を維持するためのお金も必要です。

そのため、会社経営者となれば、自分のために使えるお金をサラリーマンより多く持っているというイメージから、浮気しやすい職業と思われるのです。

しかし、これはあくまで社長という職業をイメージした時の一般的な考え方です。

日本には大企業と中小企業を合わせて約380万社の会社が存在するというデータがあります。1社に1名の社長がいるとして、380万人の社長が存在するということになります。

日本の人口は約1.2億人ですから、そのうちの約3%が会社経営者ということになります。

こうして見ると社長の数はあまりに少ないと感じます。そのため社長の実態についてよく理解できていない人も多いでしょう。

そこで今回は、会社の社長がどうして浮気の多い職業と言われるのか、社長という職業の実態から浮気をしやすい理由について考えてみましょう。

浮気する人に社長が多い理由とは

社長に浮気する人が多いと考えられる理由には、どんな理由があるのか。

その理由には、浮気をする人全てに通じるものがあります。

  • 男性社長は女性にモテる
  • 社長という職業柄、人付き合いや接待で出会いが多い
  • 働く時間を自分で決めることができる
  • 会社の責任を一身に受けるので高ストレス
  • 浮気のデメリットをデメリットだと考えていない

いま挙げた理由は、浮気をする社長の理由の一部です。他にも個人で浮気をする理由は様々です。

一例を挙げると、浮気をする人の特徴には、仕事のタイムスケジュールを自由に出来るという特徴があります。

人生の大半の時間を占める仕事で、本人が自由に働く時間を変更することができるということは、自由な時間を作るのも難しくありません。

個人事業主や社長は、サラリーマンと違いタイムスケジュールを自分で決めることが出来ます。会社や仕事の都合に縛られるということはありません。

時間が自由ということは、普通なら異性と出会う機会を作るのが難しくても、日中に浮気相手と会ったりすることができたり、出会いの機会を作ろうと思えばいつでも出来ます

時間に余裕があり、浮気をしたいという気持ちがあれば、人は浮気をしてしまうものです。

それでは、社長に浮気する人が多いそれぞれの理由について解説をしたいと思います。

男性社長は女性にモテる

社長や経営者といったトップの人はまずそれだけでもモテるのはなぜかというと、 会社のトップという事で金銭的余裕と時間的余裕があると一般的に多くの人が考える事や、実際にそういったものの余裕が多い社長や経営者が多くモテてしまうという事が挙げられます。

モテる男性の要素
  • 仕事に熱中する男性
  • 自分だけの世界を持っている
  • 人当たりの良い男性
  • ポジティブな男性
など

モテる男性の要素を見てみると、会社経営者として働く男性にはいくつか当てはまる物があります。

また、婚活などの場では、会社経営者や年収の多い人は競争率が高く、女性の中には結婚相手の条件として、会社経営者や年収1000万円以上などの条件を出す女性もいます。

社長や経営者としてお金と時間が自由に使えるという事は、付き合う方の女性もそれらのおこぼれにあやかるという形で富や権力などを受ける事が期待出来ます。

浮気相手として直接的に何らかの援助をしてもらえる見返りが大きいので、社長であるという理由だけで異性からモテるという事があります。


社長という職業柄、人付き合いや接待で出会いが多い

社長に必要な能力のひとつとして、人付き合い上手いというのがあります。

会社を経営していくなかで、同じ会社の経営者同士で横の繋がりを持ったり、接待として会食やパーティーに参加するということもあります。

この接待の場では、夜のお店に行ったり、異性と出会う機会も多くなります。

そして、その接待や人付き合いで出会った人のなかには、社長に対して打算的に考える人もいます

「金払いが良いから手放すのはもったいない」
「愛人になればおいしい汁が吸える」

など、社長の人柄よりも社長という肩書に集まる人とも付き合うことが多いのです。

これは浮気の誘惑が多いとも言い換えることが出来ます。

浮気ができる、または浮気を望む人と出会う機会が多いというのは、浮気しやすい要因の一つとして挙げられます。

男性社長も綺麗でスタイルの良い女性から言い寄られたら、その言い寄ってきた女性が打算的な考えを持つ女性だったとしても、浮気してしまう可能性はあります。

働く時間を自分で決めることができる

最初にも少し紹介しましたが、働く時間を自分で決めることができるというのも浮気をする人の特徴で、社長なら自分の働く時間をある程度自由にできます

社長や経営者は雇う側であり、自分の時間を自由に作れます。

その自由な時間を浮気相手と会う時間に使ったり、浮気相手の女性に時間を合わせる事も難しいことではありません。

お金があっても時間に余裕がなければ、浮気心があっても浮気はできませんが、お金と時間、そして浮気心がある男性は浮気をしてしまいます。

会社の責任を一身に受けるので高ストレス

浮気をする人のなかには、浮気をストレス発散の方法と考えている人がいます。

そして、浮気の多い職業を見ると、ストレスを多く感じるであろう接客業や医者などの職業がいくつも並びます。

どんな仕事でもストレスを感じないという人は存在しないと思います。

しかし、その中で社長という職業はより大きなストレスを感じる職業でもあります。

会社を経営すると多数の従業員を雇うことになります。そして社長には従業員を自分の会社で食べさせていく責任があります。

また、会社が事業に失敗した、経営が上手くいかないという場合には、その責任も社長が背負うことになります。

普段の業務における責任は従業員一人ひとりが受け持つ物ですが、会社の経営者となれば、その従業員全ての責任を背負うことになるのですから、社長が感じるストレスはかなり大きな物だと想像できます。

そのため、社長がストレスを発散するために浮気という方法を選んでしまうこともあります。

浮気相手と過ごす時間は、会社や家庭に縛られない、浮気によって一時的な物とはいえストレスを忘れることが出来る。

家庭や会社に関係が無い浮気相手は、そのどちらの愚痴も話しやすいといった事もあるでしょう。


浮気のデメリットをデメリットだと考えていない

稼ぎが多い事で「自分はこれだけ稼いでいるんだから本気じゃない少しの浮気くらい」といった事や「浮気は男の甲斐性の一つ」と考える男性がいます。

このような男性は浮気のデメリットをデメリットだと考えていない場合が多く、会社の社長にはその傾向が強く出る場合があります。

浮気のデメリットとは
  • 居場所を無くす
  • 社会的な地位を無くす
  • 信頼を無くす
  • 金銭的な責任を負う

など

いま挙げたのは、浮気が家族や友人などにバレてしまった場合のデメリットです。

このデメリットがあるから、人は浮気を思いとどまることができます。しかし一方で浮気をする人は、浮気をしたいという欲望に従ったり、浮気のデメリットをデメリットと感じていない場合があるのです。

これまでの理由で紹介したように、会社の社長は収入も多ければ自由な時間を作ることもでき、会社という自分の居場所があります。

そのため、もしも家族に浮気がバレて、家庭という居場所が無くなっても、会社という別の居場所があるので、自分の居場所が完全に無くなるわけではありません。

家庭が崩壊しても会社があれば再起することもできると考える人もいます。

また、妻の方も多少の事に目を瞑らないと離婚されかねないといった弱い立場ゆえの感情もため、妻に対して強く出る男性もいます。

そして、例え離婚をしたとしても妻に対して慰謝料を払うだけの十分な貯えと収入があるというのも、浮気のハードルを低くしている原因です。


社長が浮気しやすい職業の筆頭ではない

ここまで社長が浮気をしやすい理由についてご紹介しましたが、決して社長だから浮気をする、または他の職業だから浮気をしないとは言い切れません

社長が浮気しやすい職業の理由で紹介したように、浮気をしやすい職業は他にもあり、理由についても他の職業で当てはまる物があります。

男性が浮気をする原因のひとつとして、仕事や職業といった物が浮気しやすい環境を作っているとも考えることができます。

これを機会に、付き合っている男性や夫が浮気しやすい人なのかどうか、男性の仕事関係で浮気をしやすい環境になっていないかを確かめてみるのもいいでしょう。


TOP