浮気調査アプリ『Prey Anti Theft』の実力と危険性について

機能と使用する際の注意点

プレイアンチセフトというアプリをご存知ですか?
このアプリは、携帯の紛失や盗難時に役立つアプリとして紹介されているGPSアプリです。

しかし、その機能のおかげで本来とは違う用途として使用されることがあります。その用途が、浮気調査です。このアプリを使えば、恋人やパートナーの行動を把握することができます。

恋人が浮気しているかもしれない。最近、パートナーの行動が怪しい。
そんな人にとっては、試してみたいと思うアプリかもしれません。

しかし、安易に浮気調査に利用しない方があなたのためです。
今回は、プレイアンチセフトの実力と危険性について紹介します。

プレイアンチセフトでできることとは?

浮気調査アプリとして使用されることもあるプレイアンチセフト。

では、どのようなことができるのでしょうか?
プレイアンチセフトは、本来紛失した携帯を探すためのアプリです。

携帯のGPS機能を使い、パソコンから紛失した携帯の現在地情報を取得することができます。
つまり、このアプリを恋人やパートナーの携帯にインストールしておけば、恋人やパートナーの行動を把握することができるということです。

もし、 浮気相手の家に頻繁に出入りしていれば、その現場を把握することもできるでしょう。場所を把握しておけば、証拠をつかむことも簡単にできるはずです。
この他にもいくつか機能があるので、そちらも紹介しておきます。

  • 遠隔操作でスマートフォンにロックをかける
  • 遠隔操作によってアラームを鳴らす
  • スマホの画面に任意のメッセージを表示させることができる

上記で紹介した機能を無料で使うことができます。

浮気調査目的で使用すると罪になる!?

パートナーや恋人が浮気をしているかもしれない。

そんな風に感じている人にとっては、使ってみたいと感じさせるアプリかもしれません。
しかし、安易に考えてはいけません。

なぜならば、例え夫婦であったとしてもパートナーの携帯に勝手にアプリをインストールするのは、罪に問われる可能性があるからです。

アプリをダウンロードしたぐらいで罪に問われるわけがないと考える人もいるかもしれません。しかし、自分以外の携帯に勝手にアプリをインストールする行為は、「不正指令電磁的記録供用罪」という罪になります。

実際、逮捕者もでているのです。

浮気は許されない行為ですが、だからといって、浮気されている方が何をしてもいいということにはなりません。

浮気をしても逮捕されることはありませんが、浮気調査のために自分以外の携帯にアプリをインストールして逮捕されることはあるのです。

いくら、浮気を疑っていたとしても、パートナーや恋人の携帯に勝手にアプリをインストールすることはやめましょう。それは、犯罪行為だからです。

浮気調査を自分で行うのは危険!

浮気調査というのは、とても難しいものです。

なぜなら、浮気をしている人はパートナーや恋人にバレないようにするからです。
また、証拠を見つけたと思って、相手に突きつけたとしても、裁判ではそれが証拠になるとは限りません。裁判で浮気だと認定してもらうためには、不貞行為の証拠が必要になります。

メールやラインの内容は、どのような内容であっても浮気の証拠にするのは難しいという現実があるのです。

まして、違法行為である自分以外の携帯にインストールしたアプリの情報などもってのほかです。

そんなものを証拠として提出できるわけがありません。

もし、それを証拠として提出してしまえば、自分が罪に問われてしまうことになりかねないからです。

それに、自分以外の携帯にアプリをインストールすること自体が難しいでしょう。
もし、インストールしているのがバレれば、相手はそのアプリについて調べるはずです。
そうすれば、浮気調査として使われていることも知ることとなります。

そうなれば、浮気を疑われていることが分かるので、浮気相手と会ったり連絡するのを控えるようになります。

こうなってしまっては、浮気の証拠を掴むのはとても難しくなります。
浮気調査は、想像以上に難しいのです。

まとめ

GPS機能やスマホの機能を使って、浮気調査ができるアプリPhonedeckですが、
使用は控えた方がいいでしょう。

確かに、このPhonedeckを使えば浮気を見破ることは簡単かも知れません。

しかし、それによって自分が罪に問われる可能性がでてくるからです。

どうしても白黒ハッキリさせたいのであれば、安易に浮気調査アプリに頼るのではなく、
浮気調査のプロでもある探偵事務所などに依頼するようにした方が自分のためにも
なるでしょう。

TOP